ブログ記事詳細

相良(さがら)刺繍 和バック

2016/09/23(金)

サガラ刺繍とは、

生地の裏から糸を抜き出して結び玉を作り、これを連ねて模様を描いていく技法です。

 

image5-3

中国三大刺繍の一つです。中国では漢の時代より見られ、日本でも奈良時代に仏像の羅髪(らほつ=巻き毛)の部分に使用されていたそうです。

 

image2-10

 

非常に技術と時間を要しますが、糸が引っかからないのでどの刺繍よりも丈夫です。

玉のように縫い込むことから別名を玉縫いとも呼ばれているそうです。
上品さは秀逸で、日本の最高の技法とされています。

 

image4-2

 

是非本物を手に取ってみてください。

ブログ記事詳細