ブログ記事詳細

彩る暖簾(のれん)

2016/06/21(火)

 

皆様はのれんはお使いですか?

image

暖簾は入り口にかけるものですが、

古くは建物に直接風や光が入るのを防いだり、外からの目隠しにするため、

冬は寒風を遮る厚い布をかけ、夏季は涼しげな天然素材をかけたそうです。

 

そのうち暖簾はその店の屋号が書かれるようになり、暖簾という言葉でその店の信用という意味にも使われるようになりました。

「店の暖簾にかかわる」といった形で使われていますもんね。

 

image  image image

素材は麻を使い、職人による”ろうけつ染め”でグラデーションを表現しています。

おめでたい柄や季節を感じさせる柄など、、、

 

image  image

雰囲気に合わせて入り口を変化させてみてはいかがですか?

それぞれの家、家族、お店、らしいひとつが見つかるかもしれません。

 

 

 

ブログ記事詳細