ブログ記事詳細

定番中の定番「塩瀬半衿」

2021/04/22(木)

京都丹後にて丁寧に織られる白生地。
その目方や織る巾で半衿の「格」が決まります。

■現在一般的な目方は200匁。どのようなお召し物にもまず間違いない定番の目方です。

■上等なしっかりした質感の350匁。

■半衿としてはこれ以上ない高級感と存在感が漂うのが500匁になります。フォーマルな場面に相応しい品格が漂います。

たかが塩瀬。されど塩瀬。
その目方一つで雰囲気が変わる衿元はお洒落の要です。
襟の衿秀は「衿屋」として各種取り揃えております。

ブログ記事詳細